主催イベント「酒バカ岩手」について(2020年は中止)

バダローネ が主催する

岩手のワインと日本酒イベント 

 

「500人の酒にバカマジメな岩手人」

略して「酒バカ岩手」

 

 

 

今年は2020年6月28日(日)花巻駅前なはんプラザにて開催予定でしたが

新型コロナウィルス感染拡大防止の為中止といたしました。

とっても残念ですが、なんとかお家で酒バカ岩手を楽しめないかと

考えているところです!楽しみにお待ちください!

 

バダローネ  清水

 

 

 

乾杯.jpg

 

 

 

ー なぜ「酒バカ岩手」を開催するの?

 

 

岩手は昔から米と葡萄を育ててきました。
それと共に、日本酒・ワイン造りもなかなかの歴史があります。

 


ですがバダローネで、日々岩手のワインと日本酒を提供する中で

花巻を始め岩手の人達が岩手のお酒たちを飲んだことない方がいるだけでなく

知らない人もいる!ということを多く感じました。

 


でも、一口飲んで頂くと。。
「美味しい、
なんで早く飲まなかったんだろう」

こんな声を聞くようになりました。

 


そう。。
岩手のワインと日本酒、美味しいんです。
そして日々どんどん美味しくなっています。

 


そんなに熱い造り手さんだって?
そんなにこだわって作っているの?

 


美味しいもの知りたい、地元にそんな美味しいものあって

素晴らしい造り手さんがたくさんいて、岩手にいることを少しだけエヘンと

誇りに思えるような、お酒に愛着がわくような、こんな素晴らしいこと早く知りたかった。。

との声。

 



もちろんバダローネの小さな店で毎日やっていますが、地道すぎて。

そうこうしている間に、米や葡萄栽培を担う農家さんは減っています。

その他、日本の農業の山積みな問題はどうなっていくのでしょう。

このままだと岩手の美味しいお酒を飲めなくなる可能性さえあります。

 


これは大変。
皆さまにご協力を頂いて、ここはひとつ岩手のお酒と向き合おうじゃありませんか。

私達のこの思いに賛同してくださった、花巻市の地域おこし協力隊の飛世かおりさん

地域振興定住推進課の寺林和弘さん、バダローネの共催で設けたイベントです。

 

実行委員会.jpg 

 


岩手のワインと日本酒の熱い造り手さんが自らお酒をついでくださいます。

 

川村さんの背中.jpg

 

高橋さん.jpg

 

 

 

それに合うお料理を、飲食店さんが地元食材を使って用意してくださいます。

初開催の去年、チケット完売。当日も大盛況で終わりました。

 

会場.jpg

 

 


造り手の情熱、呑み手の感動を熱く伝え合う
「酒にバカマジメ」な皆さんのためのイベントです!

 


去年のポスターはこちら↓

 

酒バカポスター.jpg